成果が出るホームページ制作と運営サポートはアミッケにお気軽にご相談下さい。

サブスクリプション(月額定額制)でネットマーケティング

BLOG

ホームページのアクセス解析はなぜ必要?〜どこまでわかるのか〜

ネットやSNSの普及により、自社PRや商品・サービスの販売のためにホームページは欠かせない存在となっています。一方「訪問者数が増えない」「思ったように販売・契約(CV)につながらない」と悩む企業さまは多いです。

ホームページから成果を得るためには、どのようなユーザーが、どのような行動をとっているのかを解析して改善していかなければいけません。当記事ではホームページ運用におけるアクセス解析の重要性と、アクセス解析でわかること・活かせることを解説します。

アクセス解析とは

アクセス解析とは、ホームページへ訪問したユーザーの属性や行動データを取得・解析することです。主に、Googleアナリティクスなどの解析ツールを用いて行います。

アクセス解析をすれば、ホームページの閲覧数だけでなく、どのようなキーワードで検索されたのか?ユーザーは訪問後にどのような行動をとったか?(サイト内での滞在・離脱・商品の購入など)まで把握できます。

ホームページ運営にアクセス解析が必要な理由

閲覧数やCV(コンバージョン)数が増えないと、ホームページ運営の目的を達成できません。そのため、アクセス解析によって閲覧数やユーザーの行動などを把握し、仮説・実践を繰り返してホームページの改善に努める必要があります。

CV数:自社サービスや商品の契約・販売につながった数

例えば、検索エンジンからの流入が少ない場合はSEO施策の徹底。離脱が多い場合はコンテンツ内容の充実といったように、ホームページの状況に合わせて改善・対策ができます。

とはいえ、運営の目的は企業・ホームページによって違うので、まずは「ホームページ運営の目的」を明確にすることが大切です。アクセス解析を通して、ホームページによる集客・売上アップを目指しましょう。

アクセス解析はどこまでわかる?

アクセス解析でわかるのは、閲覧(訪問)数やユーザーの行動だけではありません。以下のようなデータを取得・解析できます。

  • 検索キーワード
  • 閲覧数
  • 訪問ユーザーの特徴
  • ユーザーの行動
  • サイト成果に貢献したページ

アクセス解析でホームページの問題点を改善できれば、より高い成果を目指せます。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

1:検索キーワード

解析ツールの代名詞でもあるGoogleアナリティクスを利用すれば、ユーザーがどのような検索エンジン・検索キーワードからホームページへ訪れたのかを把握できます。

検索キーワードを把握できれば、ユーザーニーズ(何がほしいのか・何を知りたいのか・どんな悩みを抱えているのかなど)を理解しやすくなります。ユーザーニーズに沿ったコンテンツを制作することで、検索エンジンからの流入数増加を目指せるのです。

2:閲覧数

アクセス解析では、サイトの閲覧数もわかります。閲覧数とは簡単に言うと「ホームページを見た人」ですが、細かく以下のように分類されます。

  • PV(ページビュー):ホームページの特定ページが開かれた数
  • UU(ユニークユーザー):ホームページを訪れたユーザー数(同じ人が2回訪問しても1UUになる)
  • セッション数:ユーザーがホームページに訪問した回数(同ユーザーが訪問・離脱すると1セッションになる)セッション持続時間は30分で、時間を超過するとリセットされ次のセッションになる

3:訪問ユーザーの特徴

アクセス解析では、訪問ユーザーの特徴(属性)も把握できます。

ユーザーの

  • 年齢
  • 性別
  • アクセスした地域
  • 検索に使用したデバイス(PCか?スマホか?など)

例えば、年齢や性別によって好まれるホームページのデザインやコンテンツが異なります。またスマホからのアクセスが多い場合は、「スマホ画面で見やすい」ホームページを作成することでユーザーの離脱防止につなげられます。

4:ユーザーの行動

アクセス解析では、ホームページに訪問したユーザーがどのような行動をとっているのかも把握できます。例えば、Googleアナリティクスで解析できる「ページ / セッション」は

「ユーザーが訪問・離脱するまでに読んだページ数」を表しています。

「ページ / セッション」は「サイト内の回遊性」とも言われ、多くのコンテンツを読んでほしい場合に重視すべきです。ホームページの滞在時間も確認し、「欲しい情報を得られたのか」「コンテンツ内の情報が不十分で離脱したのか」などを仮説・改善することが大切です。

5:ホームページの成果に貢献したページ

アクセス解析を行えば、ホームページの成果に貢献したページも把握できます。「ホームページの成果」はCV(コンバージョン)とも呼ばれ、設定した目標(資料請求や契約など)の達成を指します。

ホームページを運営する目的はさまざまですが、「ホームページを通して自社のサービスや商品の契約・販売につなげたい」と考える企業さまが多いはずです。

成果に貢献したページを把握して「もっと目立たせたほうがよいか」「貢献ページへの誘導はどうか」などの改善を図ることで、成果向上につなげられます。

アクセス解析でホームページの成果につなげよう!

アクセス解析は、ホームページの成果を達成するための重要な作業です。ユーザーの属性や行動など詳細なデータを取得・解析することは、ホームページの改善に役立ちます。

アクセス解析は解析ツールを用いることで、初心者でも取り組めます。一方、そもそもアクセス解析まで手が回らない・ホームページやアクセス解析の活用方法がわからないと悩む企業さまも少なくありません。

そこで、コストや手間を抑えつつホームページの成果達成を目指せるアミッケのサービスがおすすめです。運用代行をうまく活用し、ホームページの成果向上を目指しましょう。

お問い合わせ CONTACT

※お問合せをご希望の方は下記のお電話かお問合せフォームからご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ

0120-540-688

つながらない場合はコチラにおかけ直し下さい 
045-511-8292
平日10:00~18:00

問合せフォームはコチラ 公式LINEから問合せはコチラ 無料相談
無料相談はこちら
ホームページの無料相談はこちら 無料相談申込み お電話 お問い合わせ